開学30周年記念式典

2017年12月08日

1116日に新千歳空港キャンパスにおいて、開学30周年記念式典を執り行いました。

高橋はるみ北海道知事をはじめ、大勢の御来賓の御臨席を賜りました。

併せて、新校舎「キャビントレーニングセンター(通称CTC)」のテープカットも行いました。このキャビントレーニングセンターは本学の国際航空ビジネス科において客室乗務員やグランドスタッフの養成の為の実習施設です。

 

このキャビントレーナーは、ロゴを入れさせていただいた通り、スカイマーク株式会社からお譲りいただいたものです。本物のエアバス330を使用し、広くなっている部分はエアバス380を模したつくりになっております。脱出シューターや本物のドアを装備しており、緊急脱出訓練やドア操作をより実践的に訓練できるものとなっております。

 

また、キャビントレーナーの下には全日本空輸株式会社からいただいたドアトレーナーも完備しております。さらに機内サービスの実習室も完備しており、実習室の中には、日本航空株式会社からいただいた本物のギャレーも完備しております。また、空港カウンターも設置しております。また、中2階のカフェスペースは学生の図書室兼、自習室、授業スペースとしての機能も設けております。

 

 

このキャビントレーニングセンターの設備は、日本はもちろん、世界的に見ても航空教育機関としては最高水準のものであります。ここでの実習を通して、北海道、日本、そして世界の航空業界の発展に貢献できる人材を育成して参ります。


未分類に戻る
このページの先頭へ